新築一戸建ての水漏れやカビ臭は、内覧会で発見と補修を!

新築一戸建ての水漏れやカビ臭は、内覧会で発見と補修を!

一戸建て住宅内覧会(竣工検査)では住宅設備などの説明や使用方法を聞いたり、キズや汚れ等のチェックを行ったりと非常に忙しい事が多く、実際に建物が性能的にしっかりと出来上がっているかをチェックをすることはなかなか難しいものです。なかでも床下・天井裏までは、一般の方には特にチェックがしづらい部分。今回はさくら事務所のホームインスペクター(住宅診断士)が床下で発見した不具合の事例をご紹介します。

 

床面に水が! 水漏れ箇所を発見

床下内部に進入すると、床面が水で濡れているのを発見。売主側にて詳細調査を行ってもらったところ、設備排水管からの漏水と判明しました。このまま引渡しを受けて、入居後にキッチンやお風呂を使用したら床下内部はさらに被害が拡大してしまうところでした。全ての設備給排管を確認して補修を行い、水漏れの心配がなくなりました。
 mizumore

換気ストップで、床下に『カビ』が……

床下点検口を開けると『カビ臭』が……! 見ると、換気扇周囲に白い斑点がいっぱい。これはまさしく『カビ』です。なぜこんなにカビが発生してしまったのか、調べたところ分かりました。床下内部に換気扇が設置されており、24時間換気をしなくてはいけないところ、ブレーカーがOFFになっていたため換気がストップしていたのです。その結果、このようにカビだらけになってしまった、というわけです。引渡し前までにカビを除去してさらに除菌。もちろんカビ臭もなくなり、無事、引き渡しを受けました。
kabi

なぜ!? 基礎にサビ汁が付着

床下の基礎立上り部分に、ひび割れを伴うサビ汁が発生していました。売主側に詳細調査を依頼したところ、ひび割れしている部分に鉄筋があり、空気中の水分がひび割れ部分から鉄筋に到達しサビてしまった事例です。内覧会後に大掛かりな補修工事をして、無事に引き渡しを受けることが出来ました。
sabi

まとめ

ホームインスペクション(住宅診断)の現場で見つかった床下の不具合をご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。下の写真のように、クローゼットや物入れ下部、キッチン・洗面脱衣室などに収納を兼ねた点検口などが設置されていると、床下の点検は容易にできます。『開けて見る』これだけで、床下が漏水しているかを確認できることがあります。『顔を入れて懐中電灯で覗き込む・・・』これでも、さらに範囲を広げて確認できることもあります。内覧会の際はぜひ、床下内部を覗いてください。
床下内部をしっかり点検したいという方には、ホームインスペクターが行う『屋根裏&床下に特化!【もぐるんです】』などのサービスもおすすめします!
yukashita

▼第三者のプロに内覧会同行・立会いを依頼・相談▼

0120-390-592 10:00~19:00 土日祝も営業・当日対応も可能
クレジットカード利用可