内覧会、通水確認はもう当たり前。じゃ、お湯は?

内覧会、通水確認はもう当たり前。じゃ、お湯は?

新築マンションや新築一戸建ての内覧会を前に、情報収集されている方も多いかと思います。
「内覧会時には、きちんと水を流してみましょう!」というのは、みなさん既にご存知かもしれませんが、うっかり忘れがちなのが「お湯」を流した際の確認。
今回は、実際の新築マンションの内覧会にホームインスペクター(住宅診断士)が立ち会った際の事例をご紹介します。

自動お湯張りを運転してみると・・?

施工会社さんにお水やお湯を流しても大丈夫か確認した後、新築オール電化マンションの内覧会で給排水チェックのため、お風呂の浴槽に栓をして、自動湯張りを運転させました。浴槽にお湯が溜まるまでの間、玄関まわりをチェックしておこうと共用廊下へ。
共用廊下には、オール電化ならではの「貯湯タンク」が置かれています。
31232124
写真ではだいぶわかりづらいですが、よーく見てみると、貯湯タンクの足元から廊下床面に妙な水溜りが出来ていました・・・。

そこでタンクの点検カバーを開けてみると、管から水が漏れ出ていました。
お風呂の自動お湯張りを運転させたことで、水(または湯)が漏れてしまったようです。

5354232

このまま水(または湯)が漏れ続けていることに気づかずにいたら、水道代・電気代など余分に負担することになっていたでしょう。
また、今回は貯湯タンクからの漏水でしたが、給湯機の配管接続部からの水漏れなども実際にはみられるケースです。

内覧会当日、お湯を使えるように頼んでおく

この事例の場合、引渡し前に施工会社・売主不動産会社が自主点検で給湯や浴槽の自動湯張り運転を行なえば見つかったはずですが、内覧会のときに初めて不具合が発覚。事前の売主・施工会社の竣工検査ではお湯張り試験を行なっていなかったのでしょう。
今回はオール電化でしたが、ガス給湯器の場合、安全上の観点から、内覧会当日はガスは閉栓されていることが多くなります。事前に「当日は給湯機能も確認したいから、ガスが使えるようにしてほしい」とお願いすれば、対応・協力してくれる施工会社もあるでしょう。

※当日であっても、内覧会立会いでホームインスペクターから「お湯使えませんか?」とお聞きすると、施工会社がガス会社担当者に手配してくれ、開けてくれるケースがあります。

不具合が見つかったら、いつまでに直してもらえるかを確認

マンションのお部屋(専有部分)は手作りであるためどうしても「ヒューマンエラー」が起こります。それでも入居前にしっかり点検しておけば、お引渡し後に発覚!なんて事態は避けられます。

内覧会時に見つかった不具合は、きちんと修繕をしてもらいましょう。
しかし、場合によっては引渡しまでに工事が終わらないことも。引渡しを終えても、売主・施工会社には、修繕の義務がありますから放置される心配はないのですが、引越しや住み始めてからのスケジュールなど問題もありますから、あらかじめいつまでに指摘箇所について補修が完了するのか確認をしておくことが大切です。

第三者のプロ(ホームインスペクター・建築士)が新築マンションをしっかりチェック!
首都圏 新築マンション内覧会立会い・同行
東海圏 新築マンション内覧会立会い・同行
関西圏 新築マンション内覧会立会い・同行
九州圏 新築マンション内覧会立会い・同行

第三者のプロ(ホームインスペクター・建築士)が新築一戸建てをしっかりチェック!
首都圏 新築一戸建て内覧会立会い・同行
東海圏 新築一戸建て内覧会立会い・同行
関西圏 新築一戸建て内覧会立会い・同行
九州圏 新築一戸建て内覧会立会い・同行
北海道圏 新築一戸建て内覧会立会い・同行

▼第三者のプロに内覧会同行・立会いを依頼・相談▼

0120-390-592 10:00~19:00 土日祝も営業・当日対応も可能
クレジットカード利用可