内覧会でよく聞かれます「エアコンの設置場所」について

内覧会でよく聞かれます「エアコンの設置場所」について

新築一戸建ての内覧会に同行する際、ご依頼者様からよく受ける質問の一つに、エアコンの設置場所に関するものがあります。

「コンセントはここなんだけど、どっち面の壁に付ければいいの?」
「室外機はどこに設置すればいいかな?」
「配管用の穴を壁に開けちゃっても構造上大丈夫なの?」

竣工時、壁の高所にエアコン用と思われるコンセントはあるけれど、エアコン自体の設置場所を示す印も無い状況。もしくは配管用の穴も開けられていない状況など。
皆さん様々な状況で、どうしたらよいか判断に困り、ご心配の方は多いです。

どこに置くのが一番効率がいい?

5ec7516c07e6b09739fa1ee54c3dd297_s

室内本体と室外機との距離はなるべく短い方が良いです。

これは圧力損失や配管が外気に触れることの影響などを考えた場合、短い方が効率良く、電力消費も少なくて済むからです。

このことを考えると、一般的に外壁側の壁面に設置することになります。その外壁側の壁には大抵、採光のための窓が設置されています。住宅により状況は異なりますが、多くが必然的に窓を避けた壁の端寄りに設置位置は絞り込まれます。

その外壁、穴空けてだいじょうぶ?

室内本体と室外機をつなぐにはたいてい、配管を通す穴が必要となります。

ここで問題となるのは、建物外周壁の角や端などが構造上の大事な壁(耐力壁)であるか否かです。外周壁には、建物の揺れを抑えるための補強木材が斜めに設置されている場合も多いです。エアコンの配管用穴を不用意に開けると、その補強斜材に断面欠損を生じさせることや、切断してしまうこともあります。

建物を設計する際には、エアコンや付帯設備の位置を想定したうえで建築施工がされています。重いエアコン機器を取付けることができる様に、設置想定位置の壁にはしっかりとした補強下地を入れていたり、配管用の穴開け位置や室外機の設置位置もきちんと想定されている場合がほとんどです。

ですので、設置位置について心配になった時はまず、
売主さんや施工者さんに、設計上の想定設置位置がどこになっているかを確認してもらうとよいでしょう。施工者さんは塞がれてしまった壁の内側の様子も施工中に見ているので補強材の様子もよくわかっていらっしゃると思います。

 

第三者のプロ(ホームインスペクター・建築士)が新築一戸建てをしっかりチェック!
首都圏 新築一戸建て内覧会立会い・同行
東海圏 新築一戸建て内覧会立会い・同行
関西圏 新築一戸建て内覧会立会い・同行
九州圏 新築一戸建て内覧会立会い・同行
北海道圏 新築一戸建て内覧会立会い・同行

▼第三者のプロに内覧会同行・立会いを依頼・相談▼

0120-390-592 10:00~19:00 土日祝も営業・当日対応も可能
クレジットカード利用可