使いにくいとイライラ!内覧会 棚のチェックポイント

使いにくいとイライラ!内覧会 棚のチェックポイント

収納スペースは、暮らしを考える上で欠かせないポイントですよね。

ですがせっかく使いやすい収納スペースがあっても、棚がしっかりと固定されていなければ、
重力に負け落下してしまうなど、危険が伴います。

今回は、見落としがちな「棚」についてのチェックポイントを実例とともにご紹介します。

 

まずは棚を触ってチェック

まずは実際に触ってみて、揺れがないか確認しましょう。

簡単にとれてします棚板

ガタガタするなどぐらつきがある場合は、棚が不安定な証拠です。
棚板が反っている可能性や、可動棚受金物の高さがずれている可能性などがあります。

確認しましょう。

 

がたつきの原因は?

触って見てグラつきを感じる場合は、棚板をはずして床においてみましょう。

面が沿っている棚板

板の一部が床についていなかったり、端が浮いていたりしたら、板が反っているサインです。
新しい棚板に交換してもらいましょう。

木でできた棚はどうしても反りが生じやすくなります。
反りがひどくなると安定せず、物を置くたびにガタつきが気になってしまいます。

しっかりチェックしましょう。

 

落下注意!金具の取付もチェック

棚を支える受け手側も確認しましょう。

棚、金具

上の写真では、金具を差し込む穴はありますが、肝心の棚を支える金具(タボ)が取付られていません。これでは、重たい物をのせると棚がひっくり返ってしまいます。

また左下の写真は、ストッパータイプの棚受け金物の金具がとりつけられているものの、向きが左右反対です。
右の写真のように正しい向きに直しましょう。

棚、金具、取付、収納

 

棚内部は薄暗いことも多いので、細部まで照らすことができる懐中電灯を用いると良いでしょう。
その際は落下防止のため、しっかりストラップを付けて使用しましょう。

 

異常がないことが一番ですが、入居後物をしまう際に気付くなんてことのないように、
内覧会時にしっかり棚のチェックをしましょう!

 

第三者のプロ(ホームインスペクター・建築士)が新築マンションをしっかりチェック!
首都圏 新築マンション内覧会立会い・同行
東海圏 新築マンション内覧会立会い・同行
関西圏 新築マンション内覧会立会い・同行
九州圏 新築マンション内覧会立会い・同行

第三者のプロ(ホームインスペクター・建築士)が新築一戸建てをしっかりチェック!
首都圏 新築一戸建て内覧会立会い・同行
東海圏 新築一戸建て内覧会立会い・同行
関西圏 新築一戸建て内覧会立会い・同行
九州圏 新築一戸建て内覧会立会い・同行
北海道圏 新築一戸建て内覧会立会い・同行

 

▼第三者のプロに内覧会同行・立会いを依頼・相談▼

0120-390-592 10:00~19:00 土日祝も営業・当日対応も可能
クレジットカード利用可