手すりが取れちゃう?内覧会 浴室の不具合事例

手すりが取れちゃう?内覧会 浴室の不具合事例

お風呂場では、安心して一日の疲れをいやしたいですよね。
そんな浴室の不具合が、入居後初めての入浴中に発覚!するなんてことのないように
実際の生活を想定して、内覧会でしっかり確認しましょう。

浴室のチェックポイントをご紹介します。

1.入り口ドアの鍵をチェック!

最近浴室(ユニットバス)によく見られる、開き戸タイプのドアの場合、
まずはハンドルがスムーズに回るかどうかを確認をしてみましょう。

次は、鍵が正しい側面に取付けられているかどうかをみてみましょう。
入浴中、中から鍵が閉められるように、ドアの浴室側に施錠用の「つまみ」が、
洗面室側には緊急時に開錠できるよう「コインで回せるプレート」が付いています。

ところがたまに、下の写真のように、鍵が逆に取り付けられていることがあります。

浴室、ドア、鍵

間違った鍵取付例:洗面室側のドア

浴室、ドア、鍵

間違った鍵取付例:浴室側のドア

イタズラ好きのこどもが外からカギをかけてしまい出られない!
なんて事の無いように、しっかりチェックしましょう。

2.手すりをチェック!

浴室内の壁に手すりが取り付けられているときは、見た目の取付位置だけでなく、しっかり強く引っ張ってみましょう。

固定が緩いと、写真のようにとれてしまうこともあります。

取れてしまった浴室の手すり

取れてしまった浴室の手すり

「強く引っ張りすぎて取れてしまうかも!」と心配する必要はありません。
手すりは人の体を支えるためにあります。
実際にバランスを崩し、とっさにつかまったとき、かなりの体重がかかることになります。

浴室での転倒事故は非常に危険です。
外れてしまったり、緩い場合は、しっかりと固定をお願いしましょう。

3.フタのサイズをチェック!

 

浴槽のフタは壁の収納用フックなどにかけられていることが多いので、確認しないことが多いですが
フタを一度閉めてみることをおすすめします。

まれに浴槽のサイズと異なる大きさのフタが付いていることがあります。

浴槽のフタ

浴槽サイズより大きなフタ

フタを交換してもらえば良いので、トラブルのレベルとしては低いですが
初めての入浴の際に気付くことのないよう、しっかりチェックしましょう。

4.排水口の栓をチェック!

底の栓を閉め、シャワーで水を浴槽の半分程度まで溜めて、数分から10分程度放置しておきます。

水を溜めた浴槽

給湯設備が使えるならば、自動湯張りボタンをでお湯をためてみてください。
水位の変化が確認できる程度の水量で大丈夫です。

しばらく放置した後確認すると・・・

水位が下がってしまった浴槽

水位がかなり下がっていました。
この写真の物件の場合、放置し続けると約20分ほどで浴槽半分の水がなくなる計算になります。
排水口はしっかり閉まっていたので、使用していた栓(部品)が不良品だったようです。

多くの施工会社で社内検査を実施し、排水機能に問題はないかを確認しているはずですが、
このように少量の水漏れのチェックはされていないため、不良品に気付いていない事もあるのです。

部品交換ですので、補修工事は必要ないですが、
気付かずに、水道代を無駄にしてた!なんてことのないようにしたいですね。

 

施工会社によっては、当日の通水確認を許可していない場合もあります。
入居前に自分で確認したいことをお願いすれば、多くは許可をおろしてもらえつので、ぜひ頼んでみましょう。


いずれのチェックも専門的な知識は必要のない、実際の生活の中の動作です。

見た目での確認だけでなく、触れて、溜めて、チェックをしてみましょう。

 

第三者のプロ(ホームインスペクター・建築士)が新築マンションをしっかりチェック!
首都圏 新築マンション内覧会立会い・同行
東海圏 新築マンション内覧会立会い・同行
関西圏 新築マンション内覧会立会い・同行
九州圏 新築マンション内覧会立会い・同行

第三者のプロ(ホームインスペクター・建築士)が新築一戸建てをしっかりチェック!
首都圏 新築一戸建て内覧会立会い・同行
東海圏 新築一戸建て内覧会立会い・同行
関西圏 新築一戸建て内覧会立会い・同行
九州圏 新築一戸建て内覧会立会い・同行
北海道圏 新築一戸建て内覧会立会い・同行

▼第三者のプロに内覧会同行・立会いを依頼・相談▼

0120-390-592 10:00~19:00 土日祝も営業・当日対応も可能
クレジットカード利用可