何を基準に選べばいいの?内覧会同行者選び

何を基準に選べばいいの?内覧会同行者選び

新築マンション・一戸建ての 内覧会 ・竣工検査への専門家同行もだいぶ広まり、調査をする専門家や会社も増えてきました。

様々な業者がそれぞれのスタンスで業務を展開する中、何を基準に選べばいいのでしょうか?

専門家選びのひとつの指標をご紹介します。

ご自身の心配事項は?調査対象を考えよう

内覧会専門家の選び方は

一概に調査といっても、ただ傷や汚れがないかを細かくみる調査なのか、図面どおりに工事が出来ているかを確認なのか、建物の耐震性に影響を及ぼす不具合はないかの調査など、
対象もさまざまです。

引渡しを受けるにあたって、何が不安で何の検査をしたいのかを検討したうえで
専門家の調査は何を対象としているのかを確認しておきましょう。

 

プロといえど主観による判断には注意

調査の対象によって何を根拠に判断をするのかが異なります。

図面や工事にかかわることであれば、精通している建築士や施工管理技士の資格がある方が良いでしょう。
耐久性にかかわることであれば建物の傾斜や、基礎のひび割れなど、建物の劣化調査を専門としている住宅診断士(ホームインスペクター)という新しい専門家もいます。

専門家と言えど明確な判断基準なしに、自分の主観だけで検査をしてしまえば、工事会社や売主とトラブルになることがあります。

工事会社や売主とは、引き渡し以降も定期点検や保証、修繕などで長いお付き合いとなります。無用なトラブルは避けるため、適切な判断基準をもってトラブルを回避したいところです。

 

干渉のない第三者性・客観性

第三者性を重視しよう

専門家や会社が、施工会社や売主側と利害関係にある場合は注意が必要です。
顔色を伺って調査結果を伝えたり、誘導されてしまうことがあってはなりません。
特定の人が優位になる調査もトラブルを招く恐れがありますので、客観性がとても重要です。

 

何を調査したいのか、何を心配しているのか?またどんなリスクを避けたいのか。
ご利用者様によって要件は様々です。

それぞれの目的に応じる、適切な専門家を選びましょう。

 

第三者のプロ(ホームインスペクター・建築士)が新築マンションをしっかりチェック!
首都圏 新築マンション内覧会立会い・同行
東海圏 新築マンション内覧会立会い・同行
関西圏 新築マンション内覧会立会い・同行
九州圏 新築マンション内覧会立会い・同行

第三者のプロ(ホームインスペクター・建築士)が新築一戸建てをしっかりチェック!
首都圏 新築一戸建て内覧会立会い・同行
東海圏 新築一戸建て内覧会立会い・同行
関西圏 新築一戸建て内覧会立会い・同行
九州圏 新築一戸建て内覧会立会い・同行
北海道圏 新築一戸建て内覧会立会い・同行

 

▼第三者のプロに内覧会同行・立会いを依頼・相談▼

0120-390-592 10:00~19:00 土日祝も営業・当日対応も可能
クレジットカード利用可