新生活が丸見え!を防ぐカーテンレールの内覧会チェックポイント

新生活が丸見え!を防ぐカーテンレールの内覧会チェックポイント

内覧会ではついつい、壁の傷や汚れなど、目に見えやすいものに視線が行きがち。

とは言え、そもそもついているはずのものはついているか?きちんと固定されているか?など実はシンプルなところも見逃せないのです。

今回ご紹介するのはカーテンレールのチェックポイント。

引っ越しはしたけど、カーテンが掛けられず丸見えのまま新生活スタート!なんて笑い話にならないようにしたいものですね。

ホームインスペクター(住宅診断士)が実例とともにご紹介します。

そもそも、カーテンレールはついているか?

新築マンション内覧会で発覚したカーテンレールの取付け忘れ
まずは各部屋の窓の上に、カーテンレールが取り付けられているかを確認しましょう。
こちら、まさに取付け忘れですね・・・。
マンションによっては、オプションで購入が必要の場合もありますが、
最近は多くのマンションに標準仕様でカーテンレールが取り付けられています。
まずは、カーテンレールがきちんとついているか?基本的なところですが、チェックしましょう。

しっかりと固定されているかチェック!

カーテンレール固定されているか?

一見きちんと取り付けられていても、軽く動かすとはずれてしまうことも。
せっかくついていてもカーテンが掛けられません。カーテンの重みで落ちてきて、下にいた人が怪我をしてしまう可能性もあります。
ビスの打ち忘れなどないか、また引っ張ったり動かしてみて、緩い箇所はないか確認しましょう。

また、取り付け位置はずれていないか、曲がっていないかを確認しましょう。
前後のカーテンレールが微妙にずれていっために、奥のレースカーテンが手前のドレープカーテンが端からはみ出してしまった・・・なんてことも。

カーテンランナー(たま)をチェック!

カーテンランナー

カーテンレール中にあるカーテンランナー(たま)はスムーズに移動するか
ランナーをはじいて確認します。

013-×カーテンレールストッパー忘れ-min

その際端部に取り付けられているはずのストッパーの有無も確認しましょう。
写真は片方のレールに取り付けられていない例です。


また、カーテンランナーの数も数えて確認しましょう。

奥のレールと手前のレールで同数なのがふつう。
写真は、6個ずつであるはずのランナーが、左奥のみ5個しかない例です。

前後で数の違うカーテンランナー

カーテンレールは、ご自身でもチェックがしやすい部分でしょう。
「短時間コースでプロにお願いする!」なんて方は、ホームインスペクター(住宅診断士)でないとチェックできない箇所と、このようにご自身でチェックできる箇所と、手分けして効率的に進めてみてもいいかもしれませんね。

新築マンション内覧会 立会い・同行サービス
東京圏 新築マンション内覧会(竣工検査)立会い・同行
東海圏 新築マンション内覧会(竣工検査)立会い・同行
関西圏 新築マンション内覧会(竣工検査)立会い・同行
九州圏 新築マンション内覧会(竣工検査)立会い・同行
北海道 新築マンション内覧会(竣工検査)立会い・同行

▼第三者のプロに内覧会同行・立会いを依頼・相談▼

0120-390-592 10:00~19:00 土日祝も営業・当日対応も可能
クレジットカード利用可