あなたは何問正解?内覧会チェックポイントクイズ【中級編】

あなたは何問正解?内覧会チェックポイントクイズ【中級編】

前回に引き続き、今回もクイズ形式で新築マンション内覧会時にホームインスペクターが指摘した実際の不具合をご紹介します。

今回は中級編。正解の方は、ホームインスペクター(住宅診断士)の素質があるかも・・・?

これからお見せする写真の中にある間違い(正しく施工されていないところ)を探してみましょう!

前回に引き続き、内覧会のチェックポイントをクイズ形式でご紹介します!今回は中級編です!

●【第3問】リビングに面したお部屋の「引き違い戸」です。

新築一戸建て内覧会

●【第4問】お部屋の床と壁の境目にある「巾木(はばき)」を見下ろしているところです。

新築一戸建て内覧会
では、答え合わせです。

●【第3問】正解:左右で違う色の扉がつけられていた(左:オフホワイト、右:ホワイト)

新築一戸建て内覧会

【プロのチェックポイント】

壁や建具は正面から見るだけでなく、少し斜めからも見ます。一つの方向からだけでは気づかない色味の違いや汚れ、膨らみなどに気づけることがあります。

●【第4問】正解:巾木がしっかり固定されていなかった(そのため壁から浮き上がって、壁と巾木の間に隙間がでてきていた)

巾木

【プロのチェックポイント】

複数の部屋に取り付けられているものは、一部だけ他のところと違いがないか、差を観察します。この巾木の事例では、他の部屋は巾木と壁に隙間は一切なかったのに、この部分だけ隙間が大きかったことで固定不良に気づけました。
なお、巾木は一般的に、小さな釘(クギ)を使って壁にくっつけるので、上記のように手で持って剥がすことはできません。内覧会までに正しい施工方法での取り付けが間に合わず、慌てて接着剤でくっつけたものの、接着力が弱く外れてしまったのでした。


建築に詳しくない、慣れていない方でも、少しのポイントを知って観察すれば「あれ?なんか変だぞ」と違和感を覚えることができるでしょう。おかしなことに気づいたら、遠慮なく施工会社に伝えましょう。
もし「本当は正しいのかもしれないし……」と、自分だけでは施工会社に言いにくい場合や、どうしてそうなったのか、どういった修繕方法が適切なのか知りたいという場合は、ホームインスペクター(住宅診断士)などに同行を依頼してチェックしてもらうのも方法のひとつです。

多くの方は初めての内覧会。一体何をチェックしていいのかわからず、数分、数十分で部屋を後にしてしまうようですが、大切な住まいですから、引き渡し前にしっかりチェックして納得のうえでお引っ越ししてくださいね!
人生で最も大きな買い物と言われる数千万円の住宅。お金を支払う前にしっかり「検品」しておきたいものです。

第三者のプロ(ホームインスペクター・建築士)が新築マンションをしっかりチェック!
首都圏 新築マンション内覧会立会い・同行
東海圏 新築マンション内覧会立会い・同行
関西圏 新築マンション内覧会立会い・同行
九州圏 新築マンション内覧会立会い・同行

第三者のプロ(ホームインスペクター・建築士)が新築一戸建てをしっかりチェック!
首都圏 新築一戸建て内覧会立会い・同行
東海圏 新築一戸建て内覧会立会い・同行
関西圏 新築一戸建て内覧会立会い・同行
九州圏 新築一戸建て内覧会立会い・同行
北海道圏 新築一戸建て内覧会立会い・同行

▼第三者のプロに内覧会同行・立会いを依頼・相談▼

0120-390-592 10:00~19:00 土日祝も営業・当日対応も可能
クレジットカード利用可