これさえあれば自分でできる!内覧会では換気設備をチェック

これさえあれば自分でできる!内覧会では換気設備をチェック

新築マンションや新築一戸建ての内覧会・竣工検査ではフローリングや壁の傷・汚れなど、表面的な部分に目が行きがちですが快適な住空間のためには、換気設備の確認も必須です。

空気の入れ替えはもちろんのこと、臭いやカビの原因にもなり得ますので、内覧会でしっかりチェックしましょう。

 

吸い込みチェックは紙をあててみよう

まずは、室内の換気扇が正常に作動しているかの確認です。

換気扇は内部の空気を取り込む役割を持ちますが、何らかの原因で吸い込みが悪かったり、吸い込むどころか外の空気が逆流をしている、というケースもあります。

レンジフード レンジフード 蓋

こちらはキッチン。最近はほとんどがレンジフード式になっています。
蓋を開けてみると、写真のような網状のパネルがあらわれます。

実際にスイッチを入れ、作動するかしっかり確認しましょう。

ブーンという音がするからといって安心してはいけません。
調理により発生した臭気をしっかりと排出するためには、空気の吸い込みが行われているかの確認必要です。

吸い込みの確認にはA4程の紙を用意して、換気扇にあててみましょう。

キッチンフード

正常に作動している場合、しばらくすると紙は勢いよく換気扇にへばりつくはずです。
これならどなたでも作動確認を簡単に行うことができます。

同様にトイレ・浴室など、換気扇が取り付けられている箇所は確認してみましょう。

換気扇 換気扇

 

排気確認には吹き流しをつかおう

室内で確実に空気が吸い込まれていることがわかったら、次はその空気がしっかりと外部に排気されているか確認しましょう。

排気口はバルコニーや共用廊下などの高い位置に設置されていることがほとんどです。

排気チェックには、先端に吹き流しを付けた収縮できる指示棒などがあると便利です。ビニール紐などでも代用可能です。

吹き流し

換気扇のスイッチを入れ、排気口に吹き流しをあててみましょう。
正常に作動していれば、勢いよく吹き流しが流れるはずです。排気口はいくつか設置されているはずなので、全ての箇所を同じように確認しましょう。

排気確認

 


換気扇・排気口いずれも、ただスイッチを入れるだけでなく、

しっかりと空気の出入りがあるかを確認することが大切です。

 

 

合わせて“給気”もチェック

換気をするためには、きれいな空気をしっかり取り込むことも大切です。
給気が適切に行われないと、排気機能も落ちてしまいます。普段の生活においても給気口をふさがない様、家具の設置など気を付けましょう。

内覧会時も排気機能のみに目が行きがちですが、合わせてこの給気機能のチェックしましょう。

給気口給気口

また換気扇フィルターは年末に大掃除する方が多いですが、給気口まで掃除をする方は少ないです。
給気がしっかりなされていない状況だと、きれいにした換気扇をどれだけて回しても、空気は循環せず電気代だけがかかってしまうことになります。
ぜひこちらも確認して見ましょう。

 

第三者のプロ(ホームインスペクター・建築士)が新築マンションをしっかりチェック!
首都圏 新築マンション内覧会立会い・同行
東海圏 新築マンション内覧会立会い・同行
関西圏 新築マンション内覧会立会い・同行
九州圏 新築マンション内覧会立会い・同行

▼第三者のプロに内覧会同行・立会いを依頼・相談▼

0120-390-592 10:00~19:00 土日祝も営業・当日対応も可能
クレジットカード利用可